消費税の免税

会社設立における費用の節約と消費税の免税

一般的に事業形態というのは、法人と個人事業の2つに分けることが出来ます。

新会社法が施行されたことで、会社設立容易になり会社設立を行う事で様々な点においてメリットが有る事からも個人事業主の人が法人としての会社設立を行うケースが多いのが特徴です。

個人事業主の人が会社設立を行うためには、定款を定めたり、定款の認証手続きを行ったり、法務局での会社登記申請や税務署や社会保険事務所などに対しての法人設立届けなどの手続きを行う必要が有ります。

しかし、これらは会社設立における流れの1つであり、これらの作業を行う事で、税金における軽減措置を受けることが出来たり、銀行などからの資金融資を受けやすくしたり、更に、顧客に対しての信頼性が高くなりますので、今まで取引が出来なかった企業との新しいビジネスがスタートするなどのメリットが生まれてきます。

また、会社設立を行う中で、定款を電子定款にする事で費用を抑えることが可能になると言ったメリットも有ります。
更に、従来1000万円と言う資本金が必要だった会社設立も1円と言う最低資本金での会社設立が可能になるなど、費用面においても少ない予算で会社を作れるようになっています。

個人事業主の場合では、平成25年度の課税売上高が1000万円を超えている場合、平成27年度より消費税の納税義務者になりますが、会社となる法人を作る事で消費税が最大で2年間免税になると言う利点があるのです。
但し、最低資本金が1000万円未満の場合であり、1000万円を超えた場合は免税の対象にはなりませんが、1000万円未満であれば約2年と言う期間は消費税を納める必要がないのです。

尚、会社を作る時は商号を定める必要が有ります。
従来の会社法では類似商号制度と言うものがあり、これから設立を行う会社の本店の住所が管轄となる法務局の中で同じ商号が既に使われている場合は、その商号での登記が出来ませんでした、

しかし、会社法が改正されたことで類似商号における緩和が行われ、同一管轄内に同じ商号が有っても会社の登記が可能になっているのです。

会社を作る際の規制は新会社法が施行されたことで様々な部分で緩和されているわけですが、類似商号や資本金以外にも、取締役の人数の緩和や保管証明書の提出が不要になるなどの緩和が行われており、個人事業を手掛ける人にとって会社を作りやすくしています。
また、先ほども説明を行ったように、法人にすることで消費税の免税になる事、信用を作り上げられるなど様々なメリットがあるのです。

Copyright© 2017 会社設立時に準備すべき物を格安に、また税金対策も考えましょうAll Rights Reserved.