クレジットカードの特典

会社設立後にクレジットカードを持つとメリットがたくさん

会社設立後というのは手続きがいろいろとありやらなければいけないこともたくさんあります。もし時間に余裕があるのなら早い段階で法人のクレジットカードを作成しておくことをお勧めします。法人でクレジットカードを持てば、雑務の手間や時間の節約につながります。会社設立後法人クレジットカードを作成することはそれほど難しいことではありません。そして法人と個人の区別をつけることができるメリットもあります。法人カードを活用すれば法人会計と個人の区分がはっきりします。個人のお金を立て替えるのではなくて法人カードにて精算して、法人の口座からの引き落としとなりますのでわからなくなることはありません。

そして経費精算が不要になりますので生産性のアップも期待できます。立て替えたお金を法人に請求して立て替えてから精算すると言う処理の方法では経理の人はとても大変でした。そして申請する側も立て替えていると経済的な負担もありますし、申請に手間がかかっていたことと思います。売り上げに直結する仕事ではないので生産効率も悪かったかと思いますが、カードを使うことによって経費計算は必要ありませんから、会社設立後の経理の手間を省くことにつながります。

携帯電話、サーバーなど会社を運営するのに必要な経費もカード払いにすれば明細で経費の金額を把握することができるので、経費の計上漏れを防ぎます。そしてキャッシュフローがよくなるメリットもあります。法人でカード払いにすれば口座から引き落とされるまでには最大90日の支払猶予があるので会社の銀行に残っているお金が、必然的に増えることになりますのでキャッシュフローがよくなるメリットがあります。会社設立直後の会社にとってはメリットが大きいでしょう。

カード会社によって違いはありますがポイント、マイルなどの優遇を受けることができる会社もあります。ポイントを目的にしているだけでは本末転倒になりますが、大きい支払いが何度もある場合はそれだけでも大きくポイントをつけることになりますのでお得です。そしてカードを持っていればカードに付帯されているサービス、たとえば空港ラウンジの使用、海外保険、手荷物配送無料といったサービスが受けられるのもメリットです。会社設立後、カードを持っていれば何かとこのようにメリットは豊富にありますので 持っていて損をすることはありませんが、デメリットとして、現金なら買わないものもつい買ってしまうなどのデメリットはあるでしょう。

Copyright© 2017 会社設立時に準備すべき物を格安に、また税金対策も考えましょうAll Rights Reserved.